人々の生活をまもるために、ひび割れにこだわる
ひび割れ補修を通して社会貢献を実践します

NEWS

ACTIVITIES

普及拡大

圧力調整注入工法をはじめ、圧力を調整して注入する技術の情報発信をWEB,SNSを活用して行います。そして、技術提案資料、施工管理資料等の注入技術資料を作成し、補修材料の注入材としても施工性評価、会員による施工実績の調査、補修実績のデーターベースを構築します。

研究開発

大学・行政・関係研究機関との連携し、ひび割れ注入、浮き注入、漏水止水注入技術の研鑽に努めます。そして、研究開発、実証実験を行い技術開発・改良に取り組み、複合的補修方法の確立を通して、学術的な評価と仕様書、技術指針への記載を目指します。

施工管理

ひび割れ注入の施工品質の確保と施工技術の平準化を目指した技術研修会を開催し、会員の技術力向上を図ります。また、研究会独自の施工管理基準を定め、施工技術の見える化に取り組み、顧客から信頼される補修施工を実現させます。

CONCEPT

ひび割れの発現は劣化のはじまり
インフラの長寿命化に貢献することが
私たちの使命です

「平成25年をメンテナンス元年とし、社会資本の長寿命化を推進する」という国土交通省の公表から4年目を迎え、今日までにインフラ老朽化対策、インフラ長寿命化計画策定など、維持補修にかかわる諸施策が本格的に講じられてきています。特にも、コンクリート構造物の維持管理技術の進化は日進月歩であり、私ども建設産業界においては、社会資本の長寿命化という新たな社会的要請への適応が強く求められるようになってきました。
 他方、これまでも建設産業界は、コンクリート構造物の劣化に対応すべく、総力を挙げて様々な知見を蓄積し、技術革新を遂げてまいりましたが、解決すべき喫緊の課題は少なくなく、今まで以上に課題解決に邁進し、社会資本の長寿命化を実現させることが、企業として果たすべき使命の一つであると考えております。
 そこで、このたびコンクリート構造物の劣化現象として発現する「ひび割れ」の補修をテーマとした研究会を立ち上げ、我が国のインフラ補修の最前線で活躍している関係者がともに研鑽を重ね、インフラの長寿命化を実践する活動を展開いたします。